お客様からよくあるご質問

Q:『遠近両用レンズの価格で何が変わるの?』

A:『はい。どのタイプの累進設計を選択するかで価格が変わります。』

弱度数向けの低屈折率、強度数向けの高屈折率、コーティングの種類でも価格は変わりますが、大きな違いは累進設計によるものです。

各レンズメーカーの開発により、遠近両用レンズは改良を重ねています。

外面累進内面累進両面累進両面累進インディビジュアル と進化してます。

上記の図は、外面累進と内面累進の違いです。

外面累進はレンズの表面に累進面(遠用~近用まで徐々に度数が変化)が存在し、内面累進はレンズの裏面に存在します。

🔵外面累進のメリット🌟

眼から離れたレンズ表面に累進面があるため、上部の遠用度数から下部の近用度数までの視線移動がより楽に。

🔵内面累進のメリット🌟🌟

眼に近いレンズ裏面に累進面があるため、ユレ・ユガミが減少、慣れやすい。横方向の明瞭域も広い。

🔵両面累進のメリット🌟🌟🌟🌟

外面、内面累進のメリットを併せ持つ。

🔵両面累進インディビジュアル🌟🌟🌟🌟🌟

両面累進+フレーム形状+α(より細かくカスタマイズ)

 

近方が見づらくなり近用度数を強めたとき、✨レンズランクアップ✨の目安にされると良いです。

眼の調節力減少、視線移動も困難になりやすいご高齢の方にも、慣れやすい両面累進は効果が期待できます。