メガネレンズには、メーカーや種類が判別出来るように隠しマークが刻印されています。(一部刻印が無いレンズもあります。)

もちろん、視界に入りにくい場所や、よく見ないと確認出来ないような工夫はされています🧐

上記は遠近両用レンズ(左用)の例ですが、鼻側と耳側の〇の下にアルファベットや数字が刻印されています。

レンズの種類や累進帯長(度数が変化する長さ)、加入度(遠用から近用までの度数差)などが判別出来ます。

メーカーによりマークや文字は異なりますが、鼻側〇と耳側〇の距離は34mmが基準です。

フレーム玉型や装用者のアイポイントにより、加工後に刻印場所が削られ、無くなる場合もあります😓

眼鏡店ではレンズマークチェッカーを利用すると見やすくなりますが、お客様も蛍光灯にかざして反射を利用すれば見えます

資料を参照してからの特定にはなりますが、ご自身のレンズがどのメーカーの種類なのかはおおよそ判別できます。

皆様もぜひレンズを覗いてみてください。