メガネの水晶堂

小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について

2006年4月1より、小児の弱視、斜視および先天性白内障術後の屈折矯正の治療用としている眼鏡およびコンタクトレンズの作成費用が、健康保険の適用となり、患者様負担割合以外の額が療養費として償還払い扱いで、患者様に給付されることになりました。

対象年齢は8歳以下です。一般的な近視、遠視、乱視に用いる眼鏡やアイパッチ、フレネル膜プリズムは対象にはなっておりません。

患者様が全額自己負担で「治療用眼鏡等」を購入した後に、下記の書類を加入健康保険の組合窓口等に提出し、療養費支給申請することによって、患者様負担割合以外の額が国で定めた交付基準の範囲内で保険給付されます。

 

対象年齢:8歳以下

支給上限:眼鏡38,902円(2019年10月1日改定)※保険支給額+こども医療費助成額の合計

支給金額の計算例

🔵眼鏡代が支給上限額を下回った場合(例:30,000円の眼鏡を購入)

眼鏡代金 ¥30,000 消費税
①保険支給額¥21,000(7割) ②こども医療費助成額¥9,000(3割) 消費税

+¥30,000支給されます。消費税は自己負担です。


 

🔵眼鏡代が支給上限額を上回った場合(例:45,000円の眼鏡を購入)

眼鏡代金 ¥45,000 消費税
①保険支給額¥27,231(7割) ②こども医療費助成額¥11,671(3割 自己負担額¥6,098 消費税

+¥38,902支給され、自己負担額は¥6,098+消費税です。

 

①各保険組合(健保、社保、国保)に申請

必要書類

🔵眼科医発行の「治療用眼鏡等」の作製指示書(処方箋

🔵療養費支給申請書(加入している保険組合よりお取りよせください)

🔵購入した「治療用眼鏡等」の領収書

申請方法

1:眼科医発行の「治療用眼鏡等」の処方箋を受け取る ※コピーをとる

2:保険組合へ連絡し、「療養費支給申請書」の交付を受ける

3:眼鏡購入店で対象者本人名が記載されている「治療用眼鏡等」の領収書を受け取る ※コピーをとる

4:上記1~3の書類をまとめて保険組合へ提出する

 

②自治体(盛岡市役所等)へこども医療費助成の申請(助成を受けている場合)

必要書類

🔵眼科医発行の「治療用眼鏡等」の作製指示書(処方箋) ※上記1のコピー

🔵購入した「治療用眼鏡等」の領収書 ※上記3のコピー

🔵支給決定通知書(①で支給後に保険組合が発行)

申請方法は自治体によって異なるため、市役所等の窓口でご相談ください

 

再給付につきましては、4歳以下は前回の給付から1年以上経過していること。5歳以上は前回の給付から2年以上経過していること。

 

お気軽にお問合せください TEL 019-653-3434

PAGETOP
Copyright © メガネの水晶堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.